×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Aspire Oneが本命。ミニノートパソコン戦争

Aspire Oneがとうとうミニノート大国になりつつあるアメリカのAmazon.comでノート販売第二位に躍り出た。Aspire Oneは廉価な手ごろさと、一通りの事は全て過不足なくこなせるミニノートパソコンだ。今年に入って一気に開花した感のあるミニノート。Aspire One登場前にはHPの2133が価格からは信じられないクオリティで出てきたり、Aspire Oneの強力な対抗馬であるAsusのEee901が出てきたり、Aspire Oneと同等の満足度だけれど価格が少し高いMSI Windなど、ここにきてミニノートパソコンは役者がほぼ出揃った感がある。ではAspire Oneが一団から抜け出した理由はどこにあるのか探ってみよう。

Aspire One ミニノートパソコンでありながらブラインドタッチできる

Aspire Oneのキーボードはミニノートの中でも一番評価。HPの2133は正直別格だろう。なにせ価格が倍半分違うのだからちょっとAspire Oneのようにミニノートとして比較できない部分がある。AsusのEee、900番台のキーボードは両手で使える大きさじゃない。Aspire Oneと熱戦を繰り広げているMSI Windはちょっとキーボードがペコペコなのだ。Aspire Oneはこれらに対して、ミニノートというより通常のノートパソコンに近いキーボードのしっかり感がある。使えないキーボードの着いたパソコンは始末が悪い。Aspire Oneなら普通にブラインドタッチができる事うけ合いなのだ。Aspire Oneのキーボード剛性の高さは普通のノートパソコンと変らないくらいに出来がいい。

Aspire One ミニノートパソコンの中で群を抜く低価格

Aspire Oneの価格優位性は元々高かったけれど、8月の価格改定(アメリカ)で更に優位に立った。Aspire Oneの中で最もスタンダードと思われるWindows XP搭載モデルは120GBのHDに1GBメモリで$349ドル。Aspire Oneのこの価格には他のミニノートも追いつけない。更に160GBでバッテリ容量を倍増させたAspire Oneは$50アップの$399ドルで出荷を待っている状態だ。他のミニノートは最低でも$400ドルラインを超えてくるし、HP2133に至っては$700を超えてくるのでAspire Oneと勝負にならないのだ。スペック的にはBluetoothが標準でないくらい。これはUSBアダプタを使えば問題ないからAspire Oneに死角なしといえる。

プライバシーポリシー
Copyright © 2007 Aspire Oneミニノートパソコンの本命。Intel Atom1.6Ghz搭載